太陽光発電の特徴とメリット

太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換する装置の事を太陽電池やソーラーパネルと言います。これは太陽光発電の要となる装置なのですが、住宅における太陽光発電は電気代の節約が出来ると言う利点が在ります。電気代の節約が出来る理由と言うのは、余剰電力となる発電した時に余った電力を電力会社が買ってくれるためであり、必要量以上の発電が期待出来るため、売電により電気代の節約に繋がると言う事なのです。ソーラーパネルは設置数が多くなることでより多くの発電が可能になりますが、ソーラーパネルで発電する電気と言うのは直流の電気であって、そのままでは住居内にある家電品に利用する事が出来ません。

住居内に在る家電品と言うのは交流の電気で動かすことが出来るため、太陽光発電ではパワーコンディショナーと呼ばれる装置を利用して、ソーラーパネルで発電した電気を、直流から交流へと変換をしているのです。尚、太陽光発電には発電効率と呼ばれるものが在りますが、発電効率は耐用の光エネルギーを100とした時、発電が出来る割合を示すもので、ソーラーパネルで発電する時の損失や、パワーコンディショナーで直流から交流に変換される際の損失などを加味して割合を定めているのが特徴です。そのため、太陽光発電のシステムを導入する場合は、この発電効率についても比較をしておくことが大切であり、限りなく発電効率が高い物を選ぶ事で売電の効果を高くすることが出来るのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする