太陽光発電と屋根のメンテナンスについて

太陽光発電システムを導入する事で日中は太陽の光により発電が出来るため、余剰電力は電力会社に売る事で電気代の節約に繋がるなどのメリットを持ちます。最近は、充電器を採用した太陽光発電システムも登場しており、日中発電した電力を充電器に蓄えておくことで発電が出来なくなった時間帯の電力の一部として利用出来るなどのメリットを持ちます。所で、太陽光発電はソーラーパネルが在る事で発電が可能になるわけですが、ソーラーパネルと言うのは屋根の上に設置している機器となります。ソーラーパネルを設置する事で、直接屋根に太陽の光が照射されなくなるので、屋根のメンテナンスなども通常よりは長期間不要になりますし、夏場の暑い時期などは、太陽の光が直接屋根に照射されないので、建物内部のへの熱の伝導率も下がるなどのメリットも在ります。

因みに、ビルの屋上などにソーラーパネルを設置する事で冷房に利用する電気代を節約することが出来ると言われているのですが、太陽の光エネルギーが持つ熱エネルギーは、ソーラーパネルにより多少なりの遮断が行われるため、冷房の温度を下げなくても快適な空間を作り出してくれるなどのメリットも在るのです。屋根のメンテナンスは定期的に行う必要が有りますが、メンテナンスを行う時に羽ソーラーパネルは一度取り外す必要が有ります。それ故に、既存の住宅に太陽光発電システムを導入する場合は、予め屋根のメンテナンスを行っておくことで、ソーラーパネルを設置した後にメンテナンスを行う期間を引き延ばす事が出来るようになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする