太陽光発電取り付けの流れとは

太陽子発電を取り付けるには業者選びが大事ですが、信頼できる取り付け業者が見つかった後には取り付けの流れを知っておくとスムーズになります。太陽光発電の取付工事は大きく分けると二つに分けられ、一つはモジュールなどのシステムの取り付けを行う機械工事、さらに配線を行う電気配線工事に分けられます。まずは太陽光モジュールを取り付けるために架台というものを屋根に付けます。この架台の取り付け後に太陽光モジュールを取り付けるのですが、屋根に勾配がない場合はまず傾斜をつけてから架台をつけるなどの工事も行います。

その後、発電した直流電気を家庭で使える交流電気にするためのパワーコンディショナーの取り付けを行います。さらに太陽光発電した電気量などを確認するモニターの取り付けを行います。そして電気配線工事を行うのですが、太陽電池アレイから接続箱へ、そしてパワーコンディショナー、分電盤へと配線工事を行います。こうした工事が完了したあとに竣工検査を行います。

その際にはわからないことがあったら必ず取り扱い説明などを業者に聞いておくことが大事です。必ずメーカーの保証書を受け取りメンテナンスや故障の場合の対応を確認しておくと、いざという時に安心です。こうした工事が終了したあとには電力会社と契約を結びます。これは余った電気を売電したり、自家発電で足りない時に電力会社から電気を購入するための電力需給契約になります。

このようにして太陽光発電の取り付け流れが進みますのであらかじめ確認しておきましょう。窓の対策のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする