リノベーションの特徴とは

リノベーションとは、古い家屋などの内装を全て作り替えることによって、新築同様の住みやすさを実現するものです。そのためにはまず、室内を一度スケルトン状態にする必要があります。壁や天井などを全て取り払い、配水管なども新しく交換することになります。そのためには、特にマンションなどの集合住宅ではそれが可能かどうかを事前に確認しておくことが必要となります。

リノベーション目的で中古マンションを購入するケースが増えていますが、中には管理規約で配管の交換はできない物件もあります。きちんと確認した上で購入することが必要となります。また、構造上の問題で壁を取り払うことができない物件もあります。壁が柱の代わりとなっているものは、強度を保つ必要性から室内の壁は取り外すことは不可能となります。

その点にも注意が必要です。これらを確認した上で、リノベーションを行うことになります。ここで知っておくべきことは、室内の工事には実に多くの業者が携わることになります。電気や配管、水周りの設備などと場所によって携わる業者は異なります。

そのために、それぞれに関してどの業者に依頼するのかを決める必要があります。それぞれに見積もりを取って、費用などの面から業者を決めていくことが必要となるわけです。また実際に作業を行う日程調整も個別に行うことになります。もしそれが面倒であれば、まとめて手配してくれるサービスを利用するというのも、ひとつの手段となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする