思い出深い家を安心で快適な住宅にリノベーション

古い家に住み続けようと思うと、リフォームをすることを考えることが多いのですが、思い出はそのままに、思い切ってリノベーションすることで、とても快適で現代の暮らしに合う家にすることができます。たとえば、祖父祖母が手に入れた大切な家だけれども、毛使う人がいなくなってしまったので売るかどうか悩んでいるという家を、譲り受けた場合、そのままではとても住めないから、売ってしまうか、壊して新しく建て直そうか、というのが従来の考え方でした。リノベーションなら、使える構造や基礎を生かして、大胆に間取りを変えることができ、耐震や防寒対策もできるので、安心して暮らすことができる家によみがえります。昔風に細かく仕切られ、小さな畳敷きの部屋がたくさんあった家を、オープンキッチンとリビングダイニングという開放的な間取りにしたり、子供部屋や客間などがあった2階をベッドルームとフリールームだけにしたりと、住む人の暮らし方に合わせてリノベーションすることができるので、とても快適に過ごすことができるようになります。

家から見える景色や建具の一部は、昔のまま、こだわりや個性を生かしたリフォームをすることで、驚くほど過ごしやすくなりますし、リフォーム時に耐震対策をすると安心できますし、断熱材を入れることもできるので、昔の家とは比べ物にならないほど、冬は暖かく、夏は涼しく過ごすことができるようになります。物を大切にしながら、大胆に自分好みの暮らしを手に入れることができるリノベーションは、大変注目されています。窓の騒音対策のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする