西東京市でリフォームするときに気をつけるべきこと

西東京市でも、毎年たくさんの家庭で住宅のリフォームが行われています。西東京市における最近のトレンドは、住宅を長持ちさせるためのリフォームです。一般的な和風軸組建築で建てられた家屋の寿命は、約30年前後とされています。実際に、1970年台のニュータウンブームで建設された住宅が多い、西東京市においても2000年代に多くの建て替えが行われました。

しかし、築30年を経過している住宅のなかには、見た目や内装、そして何よりも重要な構造部分においても、新築物件とそれほどかわらない住宅も少なくありません。このような住宅に共通しているのは、定期的なリフォームが行われているということです。5年単位、10年単位といったスパンで、計画的にさまざまな部位の補修を行ってきたため、結果的に家の寿命が大きく伸びています。長く住み続けるためのリフォームを行うときに、大切になるのは築年数におうじて計画的に改修工事を行うことです。

そのうちまとめて大改修しようと思っていても、一度にたくさんの工事を行うのは経済的負担が大きくなってしまい、それならいっそのこと建て替えたほうがましという事態になりかねません。新築して10年ほど経過すると、壁紙やカーペット、カーテンなどの内装が傷んでくる時期です。したがって、築10年が経過する頃に内装のリフォームを行います。外壁や屋根は15年で外壁工事を行うのが一般的です。

その5年後には、浴室やキッチンなどの水回りの工事を行うなど、計画的に少しずつ工事を行うことで、経済的負担も軽減できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする