家族の住みやすい西東京市のリフォーム

家族が年齢を重ねていきますからできるだけ西東京市の住み慣れた暮らしを続けたいと思うことがあります。そのためには年齢を重ねていきますから、その年齢に合った快適な性能をリフォームの際に付与したいです。それにはまず、西東京市の自宅の家のつくりを見直します。これまで以上に体の自由がきかなくなる可能性、たとえばひざを上げにくくなることを想定して、家の段差などを極力なくします。

ちょっとした出っ張りなどで転ぶことになりかねないからです。また玄関の段差などもちょっとした段差ならばスロープにすると車いすなども押して上がりやすくできます。それから階段や廊下に手すりが付けられるなら設置するとよいです。こうしたバリアフリーの器具に関してはさまざまなリフォームの補助を西東京市においても受けることができ、費用負担を軽くできます。

またトイレや風呂場についても同様に手すりをつけることをお勧めします。手すりがあることで子どもから年配の方までだれでも立ち上がりやすく、移動しやすくできるからです。また脱衣場、トイレや風呂場などは寒くないような設備を設けると健康を維持するうえでよいかもしれません。可能な範囲でそれ専用の設備を業者と相談して取り入れるとよいです。

基本的にこのような設備をリフォームの際に設けることはだれでもが使いやすく快適性が増します。つまりユニバーサルデザインとして生活快適性を高めることに寄与します。いつまでも使いやすく動きやすい家はだれにとっても便利なものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする