練馬区でリフォームをする場合のポイント

東京都練馬区が東京23区の1つになります。練馬区の特徴は、東京の中心部からわりと近いところにもかかわらず、いまだに多くの自然が残されている地域です。住宅を建てる場合にもあまり高級な地域ではありませんので、それほどお金はかかりません。ではリフォームする場合にはどのようなことに注意をしたらよいでしょうか。

リフォームをする場合の特徴は、その地形を最大限に生かすことです。もし狭いところに住宅がある場合であれば、採光を考えることが重要になります。例えば隣の家とくっついているときには、南側は暗い可能性があります。そこで、吹き抜けにして、窓から光を入れることも重要です。

一方で、練馬区は暖かい所になりますので、断熱性住宅はそれほど意味がありません。もちろん断熱性住宅がダメと言うわけではありません。断熱性住宅のポイントは、気密性が高いことです。気密性が高いことにより、外からの空気が入らないようにするのです。

寒いのは苦手な人であれば、断熱性住宅にしても良いかもしれません。ですが、そうでなければ夏場はとても暑くなってしまいます。リフォームをするときには、夏場のことを考えるのが重要です。そうすると断熱性住宅はあまり良くないと言うことです。

そうだとすれば、できるだけ夏を重視した間口の広い住宅にすることが必要になります。また、間口を広くすることができなければ、夏場の空気の流れを良くするため、天井にファンをつけるなどの工夫が必要です。窓の対策のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする