練馬区のリフォームで気をつけること

練馬区には沢山の住宅がありますが、もしそこでリフォームをする場合にはどのようなことに注意をしたらよいでしょうか。リフォームをするためにはその気温などを気にする必要があります。練馬区は冬場は寒く夏場は暑い時期です。といっても、日本の中で平均的な気候になりますので、特別寒いこともなく特別暑いわけでもありません。

積雪量に関しても多い時で20センチほどで、普通は10センチ未満のところが多いです。このように考えると、雪に関してはあまり重視する必要はないでしょう。すれば、玄関わざわざ高くする必要もありませんし、普通の設計で問題ありません。よく断熱住宅でリフォームをするというプランもありますが、練馬区の場合は特別に寒いわけではありませんので、わざわざ断熱性を重視した住宅にする必要もありません。

ただし、住人の中に寒いのがとても苦手と言う人がいれば、断熱住宅にしてみても良いですが、ただ流行と言うだけで断熱性の高い住宅にすると後で後悔してしまうかもしれないのです。なぜなら、断熱性の高い住宅は、空気の通りを少なくしているため、夏場になると空気の通りが悪くなり非常に部屋の中が暑くなってしまいます。ですので、寒さが特別苦手だと言うことでなければ、わざわざ断熱性の高い住宅にするよりも間口を広く取った方が良いでしょう。ただしもともとがツーバイフォーの建築物であれば、間口を広くすることができなくなりますので、注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする