レーザー脱毛の痛みの程度は

医療機関で行われる脱毛施術で主流となっているのが、レーザー脱毛です。

黒い色素に反応するレーザーを照射することで、毛母細胞など毛の生える元を破壊することができます。それにより脱毛効果を得ることができます。レーザーは医療機関でしか使用できない機器であり、エステサロンでの脱毛器よりも高い脱毛効果が得られるのですが、レーザー脱毛のほうが施術時の痛みが強いといわれています。

痛みの感じ方は個人差がありますが、輪ゴムをパチンとはじくような痛みと表現されることが多いですが、痛みをほとんど感じないという人もいることも事実です。医療機関によって異なる、レーザー機器のタイプも影響してきますが、デリケートなVIOやワキなどの部位で特に強い痛みを感じる人が多いようです。ただ、施術回数を重ね、毛が少なくなってくると、痛みの度合いも軽減されていくといわれています。

痛みに弱い、不安だという人には、医療機関であるため麻酔が利用できる場合があります。別料金にはなりますが、クリームタイプの塗る麻酔薬、または笑気ガスという吸入するタイプの麻酔薬があります。また、あまりに痛みに我慢できない場合は、レーザーの出力を弱めてもらうと痛みは軽減します。ただし脱毛効果も軽減してしまいます。

レーザー脱毛は痛みが強いといわれていますが、個人差があり、耐えられない痛みの場合は麻酔薬の使用などを相談してみることがおすすめです。ある程度の痛みは我慢すれば、およそ2カ月に1回の施術を1年程度続ければ、半永久的にムダ毛から解放されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *